ミドリムシうどんの作り方

ミドリムシうどんの作り方

粉末タイプのミドリムシを使って手作り「ミドリムシうどん」

ミドリムシのオリジナルレシピ

 

ミドリムシは、非常に多くの栄養素を含んでいる事から、健康な身体造りには必要不可欠です。とはいえサプリやドリンクを使い続けるだけでは味気ないので、他の方法でミドリムシを摂取したいという方も多いのではないでしょうか。

 

ミドリムシの研究や商品開発を行っているユーグレナ社では、ミドリムシを使ったレシピを公開しているので、料理をしたことがないという方や、お子さんに料理やお菓子を食べさせたいという方も、ミドリムシを使った美味しい料理とお菓子を学ぶことが出来ます。

 

ミドリムシうどんを作る

 

ミドリムシを使ったレシピの中でも、小麦粉を使うものは大きなアレンジの必要はありません。例えばミドリムシうどんも簡単な部類に入り、特別な調理はミドリムシを加えるだけです。後は通常のうどんとほぼ同じ形で生地を作り、カット、茹でといった基本的な作業を行います。

 

ミドリムシが混ざっていますが、ミドリムシの味自体は薄いので、他の料理の味の邪魔をしないのも嬉しいところです。他にもミドリムシを使ったレシピはたくさんあるので、色々なレシピを試してみましょう。

 

用意するもの

 

ミドリムシうどんを作るために必要なものは、中力粉、水、塩、粉末ミドリムシ、です。

 

ミドリムシうどんの作り方

 

@中力粉と粉末ミドリムシを、均一になるように混ぜ合わせる。

 

A水を加えて粉が無くなるまで、混ぜ合わせる
 ※最初はパサパサですが、しっかりまとめてください。

 

B生地をまとめたらラップに包んで、30分くらい寝かせる。

 

C生地を、厚手のビニール袋かジプロックに入れて
 「足で踏んで、折りたたむ」を50回くらい繰り返す。

 

D2〜3時間ほど空気が入らないようにラップで包んで寝かせる。

 

Eまな板に打粉をして、生地を3〜4ミリの厚さまでのばす。

 

F生地を1/3に折りたたみ、包丁でお好みの幅に切る。

 

G沸騰したたっぷりのお湯でうどんを茹でて、よく水洗いする。

 

ミドリムシを補給する方法

 

ミドリムシを料理を通して補給したい時は、粉末タイプの商品がおすすめです。粉末タイプのミドリムシは、水や飲み物と混ぜて使うのが一般的ですが、料理に使う場合も、他のものと混ぜて使いやすいので、よくオリジナル料理を作る方が使っています。

 

もし料理に混ぜて作る時間がないという方は、サプリメントタイプやドリンクタイプの商品もあるので、生活スタイルや時間に応じて両方のミドリムシを使い分け、より効率よくミドリムシの栄養を補給しましょう。


ホーム サイトマップ