東大でのミドリムシ研究

東大でのミドリムシ研究|ミドリムシサプリメント集めました/人気と効果で選んだ決定版

東京大学の研究チームが初めて培養に成功させた

食品としてのミドリムシの開祖は東京大学

 

ミドリムシの研究というのは日本各地で行われていますが、中でも熱心に研究が進められているのが、東京大学の研究チームによる研究です。

 

実はミドリムシというのは、東京大学の研究チームが世界で初めて食品として利用できるようにしたと同時に、大量に培養することにも成功させることが出来たのです。このことは当時とても画期的なことでありました。

 

地球環境に関しての研究が盛んであった

 

画期的と聞くと驚かれる方もいるかもしれませんが、そもそもミドリムシというのは藻という単一生物でありながら、植物の世界ではナンバ−ワンと言われるほどの二酸化炭素の吸収率の高さを誇ってきました。

 

そのため昨今の環境破壊や、二酸化炭素の大幅な増加による温暖化が危惧される中、ミドリムシで世界が救えるのではないかと世界各国の研究者たちがこぞってミドリムシの研究に勤しんだのです。

 

研究対象の確保が困難であった

 

ですがミドリムシの研究は一長一短には進みませんでした。それはミドリムシの豊富な栄養素がかえって他の生物のえさとなってしまい、世界の名だたる研究機関でも、培養はおろか研究すらままならなかったのです。

 

東大研究チームが道を開く

 

そのような閉ざされた状態にあったミドリムシの研究において、一つの道筋を与えたのが、東大の研究チームなのです。

 

東大の研究チームはミドリムシの研究・培養はもちろんのこと、ミドリムシを食品として摂ることも可能にしていったのです。

 

こう考えると東大研究チームがなかったら、今頃ミドリムシは食品として利用の道は確立されていなかったかもしれません。

 

企業参加における研究拡大の将来性

 

さらに最近ではベンチャー企業と共同でさらなるミドリムシの開発研究が進められています。もしかしたらこの研究結果により、ミドリムシが世界を救うなどということにつながるかもしれません。


ホーム サイトマップ