ミドリムシとルテイン

ミドリムシとルテイン|ミドリムシサプリメント集めました/人気と効果で選んだ決定版

吸収率の高いミドリムシのルテイン

ルテイン不足が巻き起こす病気

 

ルテインとはカルテノイドの一種で野菜や果物などに多く含まれています。野菜のなかでもほうれん草やケールなどの緑黄色野菜にルテインが豊富に含まれています。ルテインが不足すると目の病気になりやすくなります。

 

目の病気で多いのが『加齢黄斑変性』です。加齢黄斑変性の原因として加齢や喫煙が挙げられますが、一番の原因は抗酸化作用のある食べ物を食べていないのが原因です。

 

加齢黄斑変性は視力の低下や視野縮小が起きるだけでなく、失明にもつながる恐ろしい病気です。その一番の原因である身体の酸化を防ぐためにもルテインは必要になります。

 

強い抗酸化作用のルテイン

 

抗酸化作用とは簡単にいえば身体の酸化を防ぐ働きをしてくれるものです。リンゴを切ってしばらく置いておくと、白い部分が黒ずんできたりしますよね。それはリンゴの表面が酸化しているから起こります。

 

抗酸化作用のある食べ物を摂取しないと、人間の身体の内側にも同じようなことが起こります。特に目の酸化は要注意です。身体の酸化で一番影響を受けやすいのは目だからです。眼は常時、活性酸素の害にさらされているわけですが、ルテインは強力な抗酸化剤として眼をこの害から守ってくれるんです

 

細胞壁がないミドリムシから摂取

 

そんなルテインですが緑用色野菜にだけ含まれているわけではありません。わたしがおすすめしたいのはミドリムシによるルテインの摂取です。ミドリムシは緑色をした微生物で植物と動物の両方の性質があります。

 

野菜のような植物は細胞壁に包まれているので、食べても身体に取り入れられるのはごく少量です。しかしミドリムシには細胞壁がないので簡単に吸収することができます。健康に必要なルテインですが、摂取するならミドリムシがおすすめです。


ホーム サイトマップ