ミドリムシの映画 ソイレントグリーン

ミドリムシの映画 ソイレントグリーン|ミドリムシサプリメント集めました/人気と効果で選んだ決定版

人口増加による食料問題の映画

ミドリムシの興行

 

私たちにとってミドリムシというのは、ごくごく身近に生息する微生物とか、健康食品とか、健康補助、もしくはサプリメントといった位置づけなのではないかと思います。ですが実はミドリムシは、ただ口にするだけの微生物ではなかったのです。

 

なんとミドリムシは以前、娯楽映画にもなっていたのです。ミドリムシの映画なんてサイエンス映画かと想像する方もいらっしゃるかもしれませんが、サイエンス映画ではありません。なんとSF映画のモデルになっていたのです。

 

映画「ソイレントグリーン」

 

その映画の題名が「ソイレントグリーン」という映画です。「ソイレントグリーン」という映画は、1973年にアメリカで作られた映画で、元々はハリィハリスンというアメリカのSF作家が書いた作品「人間がいっぱい」という小説がモデルになっていると言われています。

 

この映画の主な内容は、2020年に世界的、爆発的な人口増加により、人々が食糧にも困っている状態にあって、人々はより貧富の差が拡大している状態から始まります。

 

さらにこの人口増加により、食料は非常に貴重なものとなり、貴金属以上の価値があるとされているのです。

 

そういった状況の中にあって、貧しい人たちはソイレント社という企業が作るプランクトンを主な材料にした光合成で生み出される食料を配給されて、何とか生き延びているのです。

 

そしてその後ソイレント社を中心とした大きな事件が起こるのですが、実はその事件の謎が解明していくうちに、ソイレント社が恐ろしい方法によって配給食品を作っていることに気が付いていくという作品なのです。

 

2020年といういうとそう遠くない将来ですが、「人口増加」と「食糧問題」は今も大きな問題であることは変わりがありません。


ホーム サイトマップ