ワックスエステル

ワックスエステル

バイオ燃料づくりに一役買うのが「ワックスエステル」

ミドリムシから燃料開発

 

化石燃料の枯渇を防ぐため、多くの機関でバイオ燃料の開発が進められていますが、精製コストの問題や、野菜などを使った場合の価格高騰の可能性など、非常に多くの課題が残されていることから、実用化にはまだ時間が掛かるといわれています。

 

日本でもミドリムシを使ったバイオ燃料の研究が進められており、コスト面での課題は多く残されているものの、食品としてあまり使われていない分、相場の変動などに大きな影響が出ない利点があるとして、多くの企業が注目しています。

 

ワックスエステルという油脂成分

 

そもそもどうやってミドリムシから燃料を作るのかというと、ミドリムシから抽出されるワックスエステルと呼ばれる油脂成分を使います。ワックスエステルにいろいろな成分を付加することで、軽油などに近い性質を持つオイルを作ることが出来るのできます。

 

通常の軽油と比べると、燃焼時に発生する二酸化炭素が少なく、ミドリムシ自体が二酸化炭素を吸収するので、さらに空気中の二酸化炭素を削減することが出来ます。

 

また、化石燃料が減り続けるのに対し、ミドリムシ由来の燃料は、培養設備さえあればどんどん増やすことができるので、化石燃料のように枯渇を心配せずに使い続けることが可能です。

 

バイオ燃料は何に使えるのでしょう?

 

バイオ燃料

 

ワックスエステルの燃料は多目的に使用できます。ガソリンよりも粘性が低いので、ディーゼル車のエンジンに使用出来るほか、ジェット燃料に使用することが出来ると考えられていますし、オイルを原材料にプラスチックを製造する実験も行われています。

 

ミドリムシ製のプラスチックは、通常のプラスチックと同程度がそれ以上の耐熱性を持っているため、今までプラスチックを使えなかった製品にも使える可能性もあります。コストの課題を解決しない限り実用化は難しいですが、将来的にはミドリムシの燃料が当たり前になるかもしれません。


ホーム サイトマップ