ミドリムシバイオプラスチック

ミドリムシバイオプラスチック

ミドリムシから作られるバイオプラスチック

ミドリムシからできるプラスチック

 

ミドリムシの未来というのは、もはや無限大なのではないかと思わざるを得ないことが、ミドリムシでできるバイオプラスチックです。まさか、理科の授業で習った小さいミドリムシが日常的に使っている身近な商品の材料になっているとは思いもしません。プラスチック製品といえば、主に合成樹脂でつくられています。

 

熱可塑性・耐熱性

 

ミドリムシを主成分としてつくられたバイオプラスチックには特徴が2つあります。一つ目の特徴として挙げられるのは、熱可塑性と耐熱性の向上です。

 

プラスチックは熱に弱く、加熱をすると変形してしまいプラスチックとしての役割を果たせなくなってしまいます。

 

しかし、ミドリムシでつくられたプラスチックは熱に耐えることが出来、普通につくられているプラスチックよりも熱可塑性が優れていることが分かりました。

 

その理由として、ミドリムシの植物成分率が非常に高いことが挙げられています。70%という高い数値が研究で判明したのです。様々なプラスチック製品に利用できると期待されています。

 

エネルギー削減

 

プラスチックをつくるのにもエネルギーは必要であり、その分二酸化炭素を排出してしまいます。二酸化炭素が増えれば環境に悪いですし、人間の体にも害を及ぼしてしまいます。

 

ミドリムシは比較的高い濃度の二酸化炭素でも吸収し、酸素へと変換してくれるため無駄なエネルギーを使うことなくプラスチックを作ることができます。

 

さらに、食品工場等から発生する廃液を活用してミドリムシを増やすこともできるので環境に良い方法でプラスチックを製造できるのです。これは非常に画期的なことです。

 

熱可塑性耐熱性がありエネルギー削減もすることができるミドリムシはこれから大いに注目されること間違いありません。


ホーム サイトマップ