ミドリムシ医薬品

ミドリムシ医薬品

ミドリムシの栄養素が病気を防ぐ

高齢化による医薬品不足の懸念

 

日本は少子高齢化により、病院の数や医薬品がもっと必要になってくるのではないかと問題視されています。医薬品が足りなくなってくるのではないかと心配されているのです。ミドリムシはそのような問題も解決してくれるものとして医療業界からも大注目されています。

 

ミドリムシの医薬品としての力

 

現在、ミドリムシは医薬品として販売されていません。健康食品としてサプリメントなどで発売されているものがほとんどです。しかし、ミドリムシのそのものの力が私たちの生活をより豊かにしてくれ、様々な病気から守ってくれます。

 

例えば、ミドリムシには豊富な栄養素がたくさん揃っており、なかなか得ることができない成分も摂取することができます。その中でも善玉ホルモンである「アディポネクチン」に注目してみて下さい。

 

アディポネクチンは健康維持には欠かせない成分です。生活習慣病である糖尿病、高血圧、高脂血症などを予防する力を持っています。

 

最近でも発症率が高くなっている生活習慣病をミドリムシの栄養素アディポネクチンが未然に防いでくれるのです。また、死亡率のトップであるガンや動脈硬化も予防してくれます。

 

このようにミドリムシの成分を活かしていくことができれば、ガンや動脈硬化、生活習慣病の改善に役立つことができる医薬品をつくることができるのです。

 

医薬品の開発について

 

現在、ミドリムシの培養に成功した唯一の株式会社ユーグレナが提携先と協力しながら医薬品の開発を行っています。多くの日本の大手企業が提携先となっているように、ミドリムシがどれほど注目されている物質なのか分かります。

 

ミドリムシは二酸化炭素を吸収し、酸素を排出する光合成をしながら生きているので、医薬品の開発も環境に良い商品ができるはずです。


ホーム サイトマップ