家畜の飼料

家畜の飼料

ミドリムシでブランド牛を育てる

家畜の高品質化に寄与

 

ミドリムシは家畜の飼料としても重要視されています。家畜の飼料としては、トウモロコシや乾草、大麦、大豆油かす、米ぬかなど様々な食材を配合し、工夫されています。家畜にとってどのエサが1番栄養が高く、美味しくなるのか家畜の飼料は年々進化しているのです。

 

栄養が豊富なミドリムシの飼料

 

畜産業を営んでいる人にとって家畜のエサは非常に重要なものです。家畜の品質を上げるためにも必要不可欠なものであり、季節や家畜の状況によってエサを変えているところもあります。

 

そこで、栄養が豊富に含まれており、栄養価も非常に高いミドリムシが家畜の飼料としても注目されています。家畜にミドリムシを与えても良いのかと疑問を持つ人もいますが、人間でも動物でもミドリムシは一切害はありません。

 

逆に、人間も動物にも十分な栄養を与えてくれるものでもあります。家畜の飼料としてミドリムシを与えれば、より品質の良い家畜になるということです。

 

ブランド牛の飼育にミドリムシ

 

家畜の飼料の将来性として、日本が誇るブランド牛に注目が集まっています。ブランド牛はお肉が柔らかく、質も良し、栄養価もあるということで多くの人が大好きなものです。松坂牛を代表に、神戸牛など日本を誇るブランド牛はたくさんあります。

 

高級牛肉

 

将来、ブランド牛のようにミドリムシの飼料を食べた牛が「ミドリムシ牛」としてブランド牛になると考えられています。ミドリムシは食べても安心であり、栄養価が高く、必要な栄養素がバランス良くたっぷり含まれているため、栄養がたくさん詰まっているお肉ができるということになります。

 

他のブランド牛よりも栄養が高いこと間違いない、ミドリムシならではの特徴があるブランド牛が出てくる日も長くはありません。


ホーム サイトマップ