ミドリムシエメラルドと相性の悪い薬

ミドリムシエメラルドと相性の悪い薬

相性の悪い薬はある?飲み続ける際の注意点

基本的に副作用のない健康食品

 

ミドリムシエメラルドは健康食品です。医薬品の場合と違って、基本的には副作用はありませんし、ほとんどの薬は同時に服用しても問題ありません。

 

ただし、何らかの病気による治療中で食事制限をしていたり、服用中の薬との飲み合わせが心配だったりする人は、医師や薬剤師に相談することが推奨されています。

 

ミドリムシエメラルドと相性が悪い薬

 

そこで、ミドリムシエメラルドと相性が悪い可能性がある薬についてご紹介します。それは、ワーファリンという薬です。ワーファリンというのは、静脈血栓症や心筋梗塞症、肺塞栓症、脳塞栓症、脳血栓症などの治療や予防に使われる薬です。

 

血を固まりにくくする作用がある薬です。血液を凝固させる物質は肝臓で作られますが、このときビタミンKが関係しており、ワーファリンはこのビタミンKの働きを抑えることで抗凝固作用を生じます。

 

このようにワーファリンはビタミンKの働きを抑える薬ですから、ビタミンKを多量に摂取すると薬の効き目を妨げることになります。一般的な食品に含まれている程度の分量では問題ありませんが、特にビタミンKが豊富に含まれている食品については、摂取すべきでないとされています。

 

「ミドリムシのビタミンK」と「ワーファリン」

 

ワーファリンに添付される文書である「くすりのしおり」には、『納豆、クロレラ、青汁などビタミンKを多く含む食品……は、この薬の作用を弱めますので、これらを食べたり飲んだりしないでください。』とあります。

 

ミドリムシは列挙された食品には含まれていませんが、ビタミンKを含んでいるので、ワーファリンの作用を弱めてしまう危険性があります。ワーファリンを服用している人は、ミドリムシエメラルドを飲む前に、医師や薬剤師に相談をされたほうがいいかもしれません。


ホーム サイトマップ